田舎に住んでいて出会いがない!そんな僕が女性と出会いを増やすためにやった方法。

こんにちは!しょうです!


突然ですが、あなたは


「彼女がいる人は
どこで出会っているんだろう?」



こう考えた事はありますか?

他にも


「彼女が出来る気配すらない」


こんな不安はありませんか?


周りに出会いがないと
なかなかイメージ出来ませんよね。


過去の僕はここがわからず
恋愛でとても苦労しました。

恋愛においては
まず相手に出会わない事には
何も始まりません。


だからこそ
出会いがないって状況は


彼女が欲しい人にとっては
致命的な問題です。



だからこそ
出会いを作ることが出来れば


恋愛に結び付けられる
チャンスが広がります。

出会いが少ないと
いざ貴重な出会いがあったとしても

「絶対に失敗させたくない!」
という気持ちから

女性の顔色が
いちいち気になってしまい


こうしたら嫌われるかな?


などといろいろ考えすぎてしまい
思うようにアプローチ出来なくなって
しまいます。


余裕がなく無理をした態度は
相手に伝わってしまうので


そこからうまく行かない
苦いだけの経験を味わい


恋愛に対して前向きに思えず
恋活そのものを諦めてしまう。

なんて事は
絶対になりたくありませんよね?


そんな事にならないように
この記事を読んで

出会いがなく恋愛が出来ない
モノクロの日々から抜け出して


素敵な恋愛ライフを
満喫していきましょう!



それでは、本題に入ります。

田舎の出会いの実態とは?

まず、
田舎の出会いの実態を解説します。


実際のところは


出会いのある人とない人
での差が二極化しています。

田舎は人口が少なく
学生の頃からのつながりが

大人になっても継続される場合が
ほとんどになります。


狭く深いコミュニティが
形成されていますので、

学生時代のカップルが
そのまま結婚する。

こういったケースが多いです。


学生時代から
コミュ力抜群で顔が広い方は

横のつながりがあるので
知人の紹介とかで

それほど出会いには困らないです。

しかし、学生時代コミュニティの輪から
外れてしまった場合は最悪です。



すでに形成されている
仲間のコミュニティに入るのは

はっきり言って至難の技。


横のつながりが
絶たれてしまうと

途端に一人ぼっちです。

周りを頼れない状況から
新たに出会いを見つけるのは


非常に困難です。


女性側も同様で
出会いがある人は

こういったコミュニティ内から
広げていくので出会えますが

友人や仲がいい人が少ないと
自分で探していくしかありません。


なおかつ田舎の方では
都会に比べ結婚欲もあるので

魅力的な人は
どんどん結婚していってしまい


気が付いたら取り残されてしまった。


なんて事は日常茶飯事。

だからこそ田舎では

新しい出会いが欲しければ
自分から行動する必要があります。


僕は後者のタイプだったので

恋愛をしたいのに
そもそも出会いがない。

周りの人も頼れない
どうすればいいかわからない

いわゆる”詰み”の状況で
何年も恋愛が出来ずに苦しみました。


当たり前ですが
恋愛は一人では出来ません。


まず、出会いが二極化している
という事は知っておいてください。

田舎で出会いが少ないのはなぜ?

田舎で出会いが少ないのは
何故でしょうか?

それは
主に3つの理由があります。

ここでは、
なぜ田舎での出会いが少ないのかを
詳しく解説します。


1、出会う場所がない


田舎にはお洒落な飲み屋やバーといった
出会いのきっかけになる場所が少ないです。


また交通手段も自動車がほとんどで
駅などでの出会いも期待できません。



そのため都心に比べ
意識して探さないといい出会いは
訪れないでしょう。

2、恋愛対象の若者が少ない

田舎には大学や専門学校などの
若者が集う教育機関が
少ないケースが多いです。

また都会の憧れが強く
上京したいという憧れから


どんどん地元を離れていき
都心部へ行ってしまう若者が
後を絶ちません。



また先述したとおり
地元にいる若者は

社会人になり
早々に結婚してしまったりと

恋愛出来る相手が少ないため
出会いが少ないと言えるでしょう。

3、身バレを恐れてしまう

田舎で恋活を始めると

周りの人たちにその事実が
広まってしまう事があります。

人口そのものが少ないのと
コミュニティの狭さから

周りの友人や、職場などでも
すぐに噂になってしまうんですよね。


噂が広まるのを恐れて
なかなか恋活に踏み出せない。


こうなると恋活も
なかなかうまく行きません。



田舎ならではの密な人間関係が
出会いを見つけるには
障害になってしまいます。

すぐに田舎で出会うためには

田舎の出会いの背景は
わかりましたね。


恋活したいけどなかなか出会えない…
どうやって女性と出会うのかわからない…


このように悩む方は
多いように感じます。


そこで、実際に僕がやった
有効な手段を紹介しますね。


1、街コン


まず、一つ目は
街コンにいく事です。


街コンのメリットですが、


・ 相手の目的がハッキリしているので
  恋愛関係に発展しやすい。

・ 一度に数人と対面で話すことが出来る。


こういった事が挙げられます。


✅ 会ってちゃんと相手を選びたい。

✅ 初対面の人とも緊張せずに話せる。

✅ 誰とでもすぐに仲良くなれる

こういった方にはオススメの出会い方と
言えるでしょう。


2、地域のイベント


2つ目は地域のイベントへの参加です。

意外と盲点なんですが、
こういった地域の集まりからも
出会いを広げる事が出来ます。


スポーツ大会、お祭り、趣味サークル
何でもいいです。


一見恋愛とは
かけ離れているように思えますが、


この場で仲良くなった人から


「紹介したい人がいるけど会ってみる?」


なんて声がかかることもあるんですよね。


実際過去に僕は

コミュニケーション力を上げる目的で
イベントに参加していた事があったんですけど、


そこで仲良くなった人から
紹介の話が出てきたこともありました。


田舎に住んでいるなら
アンテナを張っておくに越したことはありませんよ。


3、習い事を始めてみる

習い事を始めてみるのも一つの手です。

習い事には
「スポーツ」「ジム」「料理」「英会話」

などと様々な種類があります。

グループで顔を合わせる機会も
増えるので

自然に仲良くなれる
きっかけになるでしょう。


仲良くなれば、
帰り際に食事をしたり

個人的なお出かけに
誘ったりもできるので

共通の話題で
仲良くなりやすいので

出会いの一つとして
オススメですよ!


4、友人から紹介してもらう

田舎で出会う方法は、
友人からの紹介が最も手軽で安心です。


友人であれば、

あなたの性格や人柄も
よく知っていますし

最適な相手を
紹介してくれるはずです。


普段から仲良くしている友人に
「誰かいい人いたら紹介してね」

などとアンテナを張っておくと
いいでしょう。

5、マッチングアプリを始める

マッチングアプリはズバリ


出会いを求めている人が
登録するアプリです。



上記で様々な手段を紹介しましたが、

そもそも人口が少ないため
出会いにも限界があります。


リアルな出会いが
なかなか見つからない場合は

マッチングアプリを使ってみても
いいかもしれません。


一見都会向きかもしれませんが、

人口や出会いを見つける場所
が少ない田舎にとって

スマホ一つでお手軽に出会いを探せる
マッチングアプリは


むしろ田舎向きとも
言えるでしょう。

まとめ

ここまで、田舎で出会いがない理由や
出会いを増やす方法について
細かく見てきました。

基本的に、田舎だから出会えない
という事はありません。


田舎ならではの出会い方もあります。


これらを知っておけば、

人口の少ない田舎でも
十分に出会うチャンスはあります。


ちなみに僕は
全ての手段を試したうえで


マッチングアプリでの出会い方を
オススメしています!



出会いを増やすことを目的とするなら
アプリならスマホ一つで繋がれるので

1番効率的に理想の相手と
巡り合う可能性があるのでおすすめです。

マッチングアプリでは、一定の地方だけでなく
広い範囲の人と出会いも可能ですし

何より実生活での人間関係を
壊さず恋活をすることが出来ます。


出会い方はいろいろありますが、

出会いを見つけるために
1番大事な事は


とにかく行動する事です!


そして、出会いを増やせるかどうかは


すべてあなた次第です。


素敵な女性に会って
彼女をゲットできるように

即行動していきましょう!


今回はここまでにします。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます!

PS.

元重度のコミュ障、非モテが
外見、コミュ力改善をし

ペアーズで2ヶ月で彼女を
作った方法を公式ラインで

定期配信しています。

今彼女が欲しいけど作れない
と悩んでいるのなら

ぜひ、僕の公式ラインを今すぐ
登録して、活用してくださいね!

↓登録はこちらから↓

                                      ーしょうー

タイトルとURLをコピーしました